PR

新型コロナウイルスに対するワクチン接種後の副反応【接種2回目】

記事内に広告が含まれています。

 



新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応は?

夫(36歳)が2回目のワクチン接種を終えました。

1回目の接種についての投稿はこちらをご覧ください。

新型コロナウイルスに対するワクチン接種後の副反応【接種1回目】

副反応としては、1回目接種時の副反応と同じで接種幹部(左腕)の痛み(筋肉痛のような)に加え、発熱・倦怠感・節々の痛みが現れました。

摂取したワクチンは

ファイザー社製の「コミナティ」です。

副反応の経過

以下経過記録です。

時刻行動症状
17:00ワクチン接種接種後15分間待機中の症状なし
22:30入眠接種患部の痛み極わずか
6:00起床接種患部の痛みあり(筋肉痛のよう)。その他の症状なし
8:30出勤勤務先の4階まで登るのに体の重さあり
10:00勤務中倦怠感軽度あり。背中が重い感じ
11:00勤務中倦怠感が増す。背中から頭にかけて節々が痛くなる
12:00早退頭が重く支えているのがしんどい。両脇もピキッと痛みが強くなる
14:00自宅療養悪寒あり、37.6° 倦怠感継続
15:30自宅療養悪寒治らず、引き続き37.6° 体の痛みありカロナール服用
16:00自宅療養カロナールが効いたのか体が多少ラクになる
18:00自宅療養食欲戻る。倦怠感軽度。腕の痛みも緩和。37.1°

夫は接種から24時間程度で副反応も治まってきました。

世間の副反応のニュースを見る限り、夫に出現した副反応は比較的軽かったものと思います。

それでも半日は辛いを思いをしていましたが・・・

副反応の抑制

多少の倦怠感が出た時点でカロナールを服用しておけば良かったと思う気持ちです。

カロナールはアセトアミノフェンが主成分であり、安全性の高い解熱、鎮痛作用がある薬です。

これから接種される方は早々に服用して副反応を抑えるのがいいと思います。

ちなみに夫は解熱鎮痛剤の処方について接種会場のクリニックで聞かれもしなかったために、自宅にあるカロナール500を服用しました。

さいごに

ワクチンの副反応はなかなか辛いものです。

接種翌日のスケジュールの調整をしておくことをおすすめします。

夫は17:00に接種しましたので、副反応が顕著に出現したのが翌日の仕事中となりました。

出勤時には自覚症状がほとんどなかったため出勤をしましたが、これからワクチンを接種される方は、接種翌日は療養するようにしたほうが良いですよ。

静岡県もコロナウイルス陽性者が急増し、緊急事態宣言が発令されました。

みなさん自粛が続きますが、なんとか乗り切りましょう✊

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
一条工務店で建てられた他の方のブログも、こちらからご覧になることができます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村
家づくりの参考となる材料が多数あります!

コメント