これがあれば簡単!IHクッキングヒーターグリルのお掃除

 



目次

これがあれば簡単!IHクッキングヒーターのグリル掃除

IHクッキングヒーターに限らず、キッチングリルの掃除は大変です。

そんな大変なグリル掃除が少しでもラクになると嬉しいですよね?

「油が固まって擦り洗いが大変!」

「面倒なうえにキレイにもならない!」

とキッチン掃除にお困りの方の役に少しでも立てられれば幸いです。

掃除が大変な理由

  • 庫内が狭く手を入れても上手く掃除ができない
  • 視界が悪い
  • 面倒な作業であり頻繁に掃除ができないことから、汚れのこびりつきがヒドい

という具合に、掃除の頻度が少なくなることで落ちない汚れが蓄積され、どんどん掃除は大変になります。

しかし、以下に紹介するものがあれば掃除が比較的簡単になります。

掃除に用意するもの

・ケルヒャースチームクリーナー

我が家では毎度おなじみのケルヒャー高温スチームクリーナーです。

キッチンのお掃除には必須です。

・マジックリン

油汚れを落とすマジックリンとスチームクリーナーの組み合わせは最強です。

※液性はアルカリ性の洗剤のため、メーカーは使用を推奨してはおりません!

・割り箸

指の入らない狭い部分を掃除するために使います。

・雑巾

雑巾は何でも良いのですが、このマイクロファイバー雑巾は厚手で吸水性も抜群です。

我が家のIHクッキングヒーター

メーカー:Panasonic
型番:KZ-V573S
シングル(右IH)オールメタル対応
ラクッキングリル付属

なおメーカー側は、お手入れに使う洗剤は台所用洗剤(中性)を推奨しております。

※酸性、アルカリ性の洗剤は変色の恐れがあり使用禁止とメーカーは言っております。

掃除開始

グリル扉を取り外す

グリル扉の両サイドにある突起部を押して上へ持ち上げます。

この突起の部分に『押す』という文字が表記されていますので、分かると思います。

給気口カバーを外す

本体操作部の周りはこんなにもホコリが付着しています。

普段は上から見ているため気が付きにくいのですが、しゃがんで目線を合わせるとこんなにも汚れているのが分かります。

油分を含んだホコリであり、本体にしっかりと付着しています。

掃除機で吸うだけでは取れません。

①スイッチカバーを外す

カバーを引っ張れば外せます。

②給気口カバーを引き抜く

スイッチカバー同様に引っ張ることで外れます。

ピントが合っていません

目を背けたくなるホコリの付着具合です(ToT)

排気パネル・排気口カバーを外す

どちらも持ち上げるだけで外れます。

外したグリル扉やカバー類を洗う

まとめて中性洗剤(台所用洗剤)で洗います。

※スイッチカバーについては水洗いしないようメーカーカタログに記載されています!

我が家ではオキシクリーンに浸けてしまいます。(スイッチカバーも一緒に・・・)

※オキシクリーンの液性はアルカリ性です。メーカーは使用を推奨しておりません。

グリルの掃除もレンジフードの掃除と一緒に行いますので、あらかじめシンクにオキシ液を溜めた状態で掃除を始めます。

あわせて読みたい
レンジフード(換気扇、フィルター)の大掃除!時間はかかるけど簡単な方法♪   【大掃除はいつやる?】 皆さんは大掃除をどのタイミングで行っていますか? 大掃除は年末にやるものだと思っていませんか? 年末になったからやらないと・・・ キレ...

単独で掃除をした場合には、マジックリンを吹きかけて洗い流しましょう

 



スイッチ付近の掃除

油分を含むホコリのため、掃除機で吸っても剥がれません。

そのため、スチームクリーナーで濡らしながら除去していきます。

グリル庫内掃除 

庫内の天井はヒーターがありますので、触れないように注意が必要です。

側面はスチームクリーナーにブラシのアタッチメントを装着し、ゴシゴシこすっていきます。

②拭き取り

スチームクリーナーで剥がした汚れを拭き取っていきます。

①②を繰り返し行います。

排気口の掃除

グリル排気口は油の塊や焦げが付着しています。

奥のセンサー部も洗剤等が当たらないように注意が必要のようですが、我が家ではお構いなしに洗剤をかけていきます。

①グリル奥センサー部手前に布巾をセット

穴を塞ぐように置きます。

②マジックリンを噴射

この時両隣の排気口に洗剤が流れないように注意をしてください。

本体の基盤となる部分と繋がっているため、そちらに洗剤が入ってしまわないように気に掛ける必要があります。

③高温スチームを掛け、洗剤を流していく

付着した汚れが流れてきます。↓↓

④細かな部分は割り箸で掻き出す

⑤本体排気口(左右)はセスキ液を付けたキッチンペーパーで拭く

クッキングヒーターとカウンター天板接合部の掃除

わずかな段差もあることから汚れが入り込んでしまいます。

この汚れをスチームクリーナーで掻き出します。

写真では分かりづらいですが、隙間に入り込んだ塊が取れました。

スチームが茶色く濁った液体にもなっています。

 



掃除完了

ガラストップ
グリル庫内
スイッチ右側
スイッチ
スイッチ左側
グリル排気口
本体排気口(左側)
本体排気口(右側)

なお、ガラストップの掃除については、以下でも紹介しております。

IHクッキングヒーターの黒ズミをきれいにしよう!

あわせて読みたい
IHクッキングヒーターの黒ズミをキレイにしよう! 【IHクッキングヒーターガラストップの汚れ】 IHクッキングヒーターのメリットと言えば、なんと言ってもこのフラットで掃除のしやすさにあります。 しかし、日々料理を...

まとめ

キッチン周りの掃除には

  • 高温スチームクリーナー
  • マジックリン
  • 吸水性の良い布巾

は欠かせません。

これがあるだけで掃除がかなりはかどります!!

そもそもが面倒な箇所の掃除ではあるので『簡単』と言うと大袈裟であるかもしれませんが、普通にマジックリンだけで行っていた頃に比べて、かなり簡単になったのは事実です😋

今苦労されている方は、是非スチームクリーナーを用意してみてください。

我が家では「なぜもっと早く買わなかったのか!?」と後悔しているくらいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
一条工務店で建てられた他の方のブログも、こちらからご覧になることができます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村
家づくりの参考となる材料が多数あります!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2016年10月に一条工務店i-smart平屋を建てました。
家づくりの過程や子育てをはじめ、これまで過ごして来た「あれ」「これ」をブログに綴っていきます。
静岡県で暮らす夫婦と長男、長女、次女の5人家族です。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次