一条工務店i-smart建築単価はいくら?我が家の平屋坪単価も紹介



i-smart2021年時点の坪単価

i-smart2021年時点の坪単価は、おおよそ70万円前後となっております。

なお、一条工務店は建築面積によって単価が変動します。

狭小住宅を建てようとすると単価が上がり、逆に大きな家を建てようとすれば単価は下がります。

厳密に言えば㎡単価は一律ではなく、施工面積によって細かく増減します。

30坪がひとつのラインになると思われますが、それより小さな建築面積であれば単価の上がりは大きくなります。

坪単価×面積だけで家は建たない

単純に坪単価に面積を掛ける価格で家が建つのか?と言うとそうではありません!

建物付帯工事費、申請関係費が追加で必要となります。

建築費の1割程度と考えておけばいいと思います

さらにそこからオプション費用がかかります。

一条工務店で建てる家は標準装備でも充実していますので、「オプションは特に考えていないよ」と言うのであればこの費用は掛かりません。

特に、我が家も建てたi-smartであれば床暖房も標準装備となっています。

標準仕様でも充分な装備が備わっていることは承知していますが、やっぱりこだわってしまいますよね。

我が家のオプション費は2,354,739円となりました。

坪単価×建築面積+建物付帯工事費+申請関係費+(オプション費)で家が建ちます。

これに加えて最後に消費税もかかります。金額が大きいだけに消費税もばかになりません。

我が家の最終見積書を公開

以下のとおりとなりました。

建物工事費合計(税込)26,873,398円です。

我が家の基本情報はこちらをご覧ください。

我が家の竣工は2016年ですので、その時の価格となります。

建築単価

  • 我が家の建築㎡単価=188,510円
  • 188,510円/㎡×3.3㎡にて坪単価へ換算
    ※1坪=3.30579㎡

坪単価:622,083円(税抜)

支払い総額からの坪単価

  • 24,882,777円(建物工事費合計)÷109.31㎡(建築面積)=227,635円/㎡
    ※家族紹介割引を含んでいます。
  • 227,635円/㎡×3.3㎡にて坪単価へ換算

坪単価:751,196円(税抜)

実質的な総額坪単価

上記値段には太陽光発電設備の費用が入っておりません。

  • 太陽光発電設備=5,004,000円(税抜)
  • 24,882,777円(建物工事費合計)+5,004,000円=29,886,777円(総額)
  • 29,886,777円÷109.31㎡(建築面積)=273,413円/㎡単価
  • 273,413円/㎡×3.3㎡=902,263円/坪

坪単価:902,263円(税抜)

まとめ

住宅ローン超低金利時代であるため、ローンを借りる人も多く戸建て住宅を建てようとする需要があることから全体的に住宅価格は高くなっています。

上記で記した金額は2016年当時の価格(消費税も8%でした)であり、今は単価も上がっています。

我が家を建てた時と比べ、今では仕様も変更となり性能も上がっていますので一概に単なる値上げとも言えません。

一条工務店の性能は間違いないので、提示された価格で納得できるかどうかということが最終的な判断になるかと思います。

我が家の住宅ローンは77,100円/月(変動金利)の返済をしています。

年間で925,200円の支払いですので、毎年1坪分程度を返済していることになりますかね😅

最後までお読みいただきありがとうございます。
一条工務店で建てられた他の方のブログも、こちらからご覧になることができます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村
家づくりの参考となる材料が多数あります!

家づくりのはじまり〜土地探し〜

家づくりは土地探しから始まりますが、その土地探しをサポートしてくれる【タウンライフ家づくり】というサービスがあります。
一切無料で課金もなく、電話での相談もできるうえ資料も貰うこともできます。
電話連絡はイヤだな・・・という方は、
メールでの連絡を希望する旨を要望欄に記入するだけでOKです!
↓↓↓こちらから情報をGET↓↓↓

家づくりを考えているけれど、何から調べればいいか分からないという方は、まずはこちらへ気軽に相談してみてください。
便利ですよ😄
↓↓こちらでタウンライフについても説明をしています↓↓
家を建てたい!と思った時にやるべきこと┃タウンライフで情報収集

コメント

タイトルとURLをコピーしました