PR

天井埋め込み型ナノイー発生器(air-e)のお掃除方法

記事内に広告が含まれています。

 



天井埋め込み型ナノイー発生器(air-e)の掃除の必要性

天井埋め込み型ナノイー発生機は便利でありながら、その汚れを放置しておくととんでもないことになります。

それは、イオンと一緒にホコリを室内全体へ撒き散らすことを意味します。

ホコリやカビを吸ってしまうことで気管支疾患を患う危険性もあります。

ナノイー発生機を最大限利用するためには、定期的な掃除が不可欠と言えます。

air-eの汚れ具合

まずはこちらをご覧ください。

※汚れがひどいのでお食事中の方は注意願います

玄関のナノイー発生機

玄関に設置したair-eですが、ホコリが大量に付着しています。カバーを開けると内部にも多量にホコリが・・・

続いてはこちら

キッチンのナノイー発生機

玄関のナノイー発生機ほどのホコリは付着しておりませんが、そこそこの汚さです。

内側の汚れ具合は一緒ですね。

どちらも年末の大掃除以降手入れをしておりませんでした。

3ヶ月ほどの汚れですが、これを見て「3ヶ月も掃除していないの!?そりゃダメだよ」と思われるか「3ヶ月でこんなにホコリが溜まるの!?」と思われるかは、人それぞれだと思います。

さて皆さんはどう感じられましたか?

air-e(エアイー)の位置

我が家では青丸で囲った3箇所に設置しています。平面図には「ME」と表記されています。

打合せ段階では、記憶にないくらいさらっと設置場所を決めたと思います。

おそらく設計士さんに、脱臭効果があることから

  • 靴が置いてある玄関
  • 食材を扱うキッチン(生ゴミも出ますし)
  • 生活の拠点であるリビング

がいいのでは?と提案してもらい

「じゃーそれでお願いします」という流れのようだった気がします。

それでは掃除をしていきます。

 



掃除に使うもの

掃除には以下の道具を使用します。

  • 掃除機
  • クイックルハンドワイパー
  • 松居棒のようなもの

松居棒って知らないという方がいらっしゃるかも知れませんが、一昔前に流行った松居一代さんが編み出した掃除道具です。

気になる方は検索してくれればすぐに出てきます。

↓こんな感じのものです

輪ゴムとティッシュ(ガーゼ等)、割り箸で簡単に作れます。

ゴムで埃を絡めて、ティッシュで拭き取るという仕組みです。本家はティッシュではなく布ですが、厚さの出ない丁度いい布切れがなかったのでこちらでやりました。

掃除方法

掃除機である程度のホコリを吸い込み、松居棒と掃除機の合わせ技で綺麗にしていきます。

ちなみに掃除の前にはナノイー発生機のスイッチは切っておくようにしてください。

以下のようにキレイになりました。

ちなみにいつまで経っても掃除機がホコリのようなものを吸い続けるため、「ホコリがたくさん出てくるな〜」と思っていたところ、グリグリやっていた松居棒に巻きつけているティッシュの破れたカスでした。

カバーは水洗いしました。

air-eについて

Panasonic HPより

一条工務店キャンペーンにより3台無料で設置しました。

今もまだキャンペーン中なのか既に標準仕様になったのか分かりませんが、同じく3台まで設置できるようです。

効果については、公式でこのように載っていました。

Panasonic HPより

個人的な感想としては、新築で設置したためナノイー発生機を設置していない状態との比較ができず、効果の検証まではできません。

脱臭等の実感はありませんが、効果はあるようです。

まとめ

埋め込み型でスッキリしていることもあり、脱臭性能もあるようでおすすめだと思います。

ただ、掃除をせずに放置をすると写真のようにすぐに汚くなりますので、定期的な掃除(メンテナンス)は必要です。

ロスガード排気フィルターの掃除は1ヶ月周期で行う必要があるため、天井に埋め込まれているフィルターの枠組みと考えて、一緒にやってしまうのがいいかと思います。

そうは言っても私は汚れたらやるというスタイルですが・・・

一つお掃除の参考になれば嬉しいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。
一条工務店で建てられた他の方のブログも、こちらからご覧になることができます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村
家づくりの参考となる材料が多数あります!

コメント